mv

世界でスーツを着用する際のポイント

海外出張などを行なう会社や部署で仕事をしているのであれば、仕事着として着用するスーツのデザインにもこだわりを持った方がいいでしょう。

中でも日本が仕事着として用いるようになったスーツ自体のルーツともいえる、ヨーロッパの各国に出かける際には注意が必要です。
特に世界の中でもお洒落な国であり、男性も紳士服を着用する際の装いに気を配る国だといわれている、イタリアやフランスといった国々では、それぞれの国によって定番のデザインが違い、さらにそのデザインにそれぞれ誇りや格式を持って着用しているといったことを考慮する必要があるのです。
自分が着たいデザインやブランドのスーツだからといった理由だけで着るのではなく、出かける世界の国の基準に合わせたものを着用することで、装いによってスムーズな取引に繋がり、相手の気を悪くすることがなくなるといったメリットを享受することも可能となるのです。

また、近年日本で流行中の細身すぎるデザインや、ジャケットの着丈や総丈が比較的短めのデザインは、国内では半ば常識的なものとなっていますが、世界ではあまり通用しないといったことも注意が必要です。

世界ではスーツの丈はお尻が隠れる程度が望ましいとされており、現在国内で流行しているようなデザインのスーツを着用していると、女性的な装いをしているといった意味合いで、いわゆるゲイと間違えられるといった可能性が捨てきれないためです。

性に関する寛容さのポイントなども国内と世界では異なるため、万が一にも勘違いされない装いをする必要があるのです。